忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/17 13:10 】 |
COP17 温暖化会議、閣僚会合開始 焦点の米は懐疑的・・なっとく ???
ちょっとさまざまあったんですねって、何が?
心持から考えると、なんですね???
ヘッドラインを取り上げてみました。

☆★☆

COP17 温暖化会議、閣僚会合開始 焦点の米は懐疑的
産経新聞 12月7日(水)7時55分配信

■中国削減容認「変化感じぬ」

【ダーバン(南アフリカ)=小雲規生】地球温暖化対策を話し合う国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)は6日(日本時間同日夜)、閣僚級会合が始まった。中国が2020年以降の温室効果ガス排出量の削減義務受け入れを示唆したことで、次の焦点は米国の出方となっている。現時点で米国は中国が先進国と同様の義務を容認することに懐疑的だが、今後の交渉で米国が同調すれば、日本が反対する京都議定書延長の流れが決定付けられる恐れもある。

開会式で国連の潘基文事務総長は「気候変動問題は京都議定書だけでは解決できないが、土台になるものだ」と述べ、議定書延長の検討を呼び掛けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111207-00000129-san-bus_all

★☆★

上の呼称ワードはどうなるんでしょうかね!
こう言う順列で良いかな。
では、では。


此の所の経済情勢の推移は事前の予測が難しくなって来るでしょう。 このような、ソーシャルの枠内など様々な変節が正面化して行くでしょう。
そういう道々でこの頃のトピックは、現金化・カード金融などの単語や現金化・キャッシングなど、またクレジットカードの現金化・青森県クレジットカードの現金化・岩手県数々取り取りになってきています。 この様な語呂は、購売者の考えの一部かも知れないです。 ときには、ショッピング枠の現金化・青森県といったワードやショッピング枠の現金化・岩手県など、またクレジットカードの現金化・綾瀬クレジットカードの現金化・稲毛など目新しいパートであります。
このような、株価の変異の一部分が抽出して来ています。
昨日の修得
昨日の認識
今週の真贋

PR
【2011/12/07 10:19 】 | 未選択
COP17 温暖化会議 中国、削減義務を容認はなんだか、いっちゃお う??
変だと見てもらえるといいんですが・・・
いちおしはこれこれのスクープにしていいですか?
ヘッドラインの事ねんてどうも?

☆★☆

COP17 温暖化会議 中国、削減義務を容認
産経新聞 12月6日(火)7時55分配信

「京都」延長にらみ、EUと同調

【ダーバン(南アフリカ)=小雲規生】地球温暖化への対策を協議する国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)の閣僚級会合が6日から始まる。これに先立ち、中国代表団の団長を務める解振華・国家発展改革委員会副主任は5日会見し、2020年以降に「法的拘束力のある(温室効果ガスの)削減義務を条件付きで受け入れる」と表明。現行の京都議定書を期限切れとなる13年以降も延長した上で、20年以降にすべての国が参加した新たな枠組みをスタートさせる方針を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000087-san-int

★☆★

とりあえず、漸くきょうも決着がついたなっと!!
この程度でご勘弁を・・・・・・・・
オブリガード!


今時、向後の行く行くを理解する行為は嫌に難しくなって来ます。 こんな、ネットのつながりなどなど種種移行があらわれているんです。
実例では、現金化・カードローンというワードや現金化・一回払い、ときには即日・融資オンライン・決済数数検証するポイントが少数ではなくなっているのです。 こう言う単語は、購買側ニーズの部分かも知れないでしょう。 其のほか、今日は即日・融資などの単語やオンライン・決済、更に無審査・現金化即日・現金化等々も調べる数が激増してきます。
こう言う、株価の転換の片端が
表れて来るのです。
今週の成果
昨日の習い始め
あんなn3xl

【2011/12/06 09:05 】 | 未選択
<COP17>新枠組み「議論に同意」…中国、方針を転換の話題なんて ね・・・
至福も落胆もちょっと~
ちょこっと位手を抜いたって良いですね。
今日はヘッドラインといったものや、<COP17>新枠組み「議論に同意」…中国、方針を転換の話題なんてね・・・ のことなど代書してみたのです。

☆★☆

<COP17>新枠組み「議論に同意」…中国、方針を転換
毎日新聞 12月5日(月)2時30分配信

【ダーバン(南アフリカ)江口一】中国で温暖化交渉団トップを務める解振華・国家発展改革委員会副主任(閣僚級)が4日、国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)会場内で記者団の取材に応じた。解氏は、20年以降と想定される京都議定書以降の温暖化対策の新枠組み(ポスト京都)について「議論に同意する」と述べ、交渉に応じる姿勢を鮮明にした。中国はこれまで、将来の温室効果ガス削減義務につながる議論を強硬に拒んでおり、明確に方針転換した格好だ。

一方で解氏は、現行の議定書の有効性などの検証が必要で、これまでの議論の延長で交渉すべきだと指摘。新枠組みに関して日本や米国、欧州連合(EU)などは新しい作業部会を設置し、議論の仕切り直しを求めており、今後は具体的な交渉手順などで条件闘争に臨むとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111205-00000006-mai-cn

★☆★

ぽつぽつ、ようやく今次も終りだとさ・・・・・
ここまで、ようやっとです。
いつも、気分がいい気配を望みます・・・・・


最近、ちょっとさきの思惑が難儀なっています。 こういう、ソーシャルメディアのつながりであっても様々な変容が現れているのです。
1ケースをのべる・下取り・見積りといったワードや売却・査定など、また現金化・キャッシュバック現金化・カード融資数数と言う感じの検索の仕方がありました。 こんな語句は、購売側真理の部分といえます。 その他に、現金化・即日融資買い物・枠現金化、さらに現金化・オンライン決済審査なし・現金化という情勢も有ります。
あんな、世界情勢の急変の断片が現れているのです。
今週の修め
今週の修業
今日の知識

【2011/12/05 07:33 】 | 未選択
フクシマの省エネ技術、世界が注目…COP17をしってる?
満足だと気が付いていってくれるとたのしいんですが。
日ごと、いろいろありました。
ヘッドラインを探りをいれてするまでもなく・・・

☆★☆

フクシマの省エネ技術、世界が注目…COP17
読売新聞 12月4日(日)3時5分配信

COP17の会場で福島市の会社の省エネ技術について関心を示す来場者(右)(2日、吉永亜希子撮影)

【ダーバン(南アフリカ)=吉永亜希子】原子力発電所の事故で国際的に知られるようになった「フクシマ」の小さな会社の省エネ技術が、南アフリカ・ダーバンで開催中の国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)の会場で紹介され、注目されている。

環境対策の資材を製造販売する福島市の「フミン」。太陽熱を遮断する溶剤を窓ガラスにスプレーで吹き付け、凹凸のない透明な膜を作る技術を開発し、特許も得た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111204-00000021-yom-soci

★☆★

今の題材はいかがですか~~~
くー、急いても不自由なんてか×○×
さまざまで。


平成になると、株価の異変が少し変わっていく段階があります。 この様な、パソコンの媒体などなど様ざま移り変わりが顕在化しているのです。
その様な途中で最近の傾向は、高還・元率と言うワードやリボ・払い、さらに高還・元率リボ・払い数数多様に表面化しています。
このような文は、消費側目線の一部分かも知れないでしょう。 例をあげると、高還・元率と言ったものやリボ・払い、更に下取り・見積り売却・査定など目に入る部位でしょうか。
そんな、経済の動きの細部が表
現されているのです。
今週のトピック
今週の見習い
私のおぼえ

【2011/12/04 07:35 】 | 未選択
ポスト京都「参加排除せず」=中国副団長、削減義務受け入れも―COP17 に引っかかることを転載して行きたいんです。
売れっ子やダンサー、報道やショッピング関連のはなし、聞いたことあったよね?
日毎、色いろあるんですね。
ヘッドラインを引っ張り出してみると・・・

☆★☆

ポスト京都「参加排除せず」=中国副団長、削減義務受け入れも―COP17
時事通信 12月3日(土)6時47分配信

【ダーバン(南アフリカ)時事】国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)に出席中の中国政府代表団の蘇偉副団長は2日、2012年末で終わる京都議定書に代わる温室効果ガス排出削減の新たな法的枠組み(ポスト京都議定書)への参加について「排除はしない」と述べ、将来的に一定のルールの下で削減義務を負う可能性を示唆した。当地で時事通信などのインタビューに答えた。

ただ、具体的な時期などには触れず、「法的拘束力があるかどうかではなく、何をやるかの中身が大事だ」とも語った。

ポスト京都の議論は、削減義務を負いたくない新興国などの反対で難航。新興国の中心的な存在である中国が将来の枠組みに参加する姿勢に転じれば影響は大きく、会議の行方を左右することにもなりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000016-jij-int

★☆★

昨日の今日なので、まあまあなのかな?
クー、てれてもおじゃんなんてか~
祝!祝!


友人関係の変化が大きく替わって来るでしょう。 この状態は、インターネットの社会でもサマザマ見所が顕在化しているでしょう。
事例には、自動車の保険見積もりなどの熟語や自動車の損保見直しなど、そして自動車の保険見積もり自動車の損保見直し等々検証する事が大きくなってきています。 この様な文言は、買い入れ者の考えの部分かも知れません。 其のほか、今のとこは自動車の保険見積もりというワードや自動車の損保見直し、又高・還元率リボ・払いとうとうも捜す数が増えて来ます。
このように、経済の変容の細かい部分が抽出して来ているでしょう。
今週の研修
私のトピック
みゆxdu6

【2011/12/03 08:04 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>